ケトコナゾールで水虫治療、皮膚を守る

エンペシドクリームで白癬の症状を抑えて清潔にする
↑直接塗るタイプの薬は扱いやすく人気です

ケトコナゾールは、抗真菌薬という医薬品で、真菌とよばれる病原性のカビのなかまに対して強い効果を発揮するといわれています。
一般に「水虫」とよばれているのは、実は白癬菌という真菌が引き起こしている皮膚病です。白癬菌は、通常は皮膚のいちばん外側の角質層という、皮膚のなかでも特に丈夫で固くなった場所に寄生しています。
角質層は、外部からの刺激やさまざまな病原菌から体を守るために、このように頑丈になっている部分ですので、白癬菌もふだんは病気を引き起こすわけではありません。足のしつこい水虫に悩んでいる人であれば見当がつくものと思いますが、ブーツなどを履いて常時蒸れる環境にあったり、または春先から夏にかけての湿気があって温度が高くなるようなときを狙って、活発に活動をしはじめ、だんだんと皮膚で増殖を続けます。
水虫にはさまざまなタイプがあり、白く膿がたまるような状態が続くもの、かゆみが強く小さなできものが生じるもの、足全体の皮膚が乾燥してしまうものなどがありますが、いずれも白癬菌のしわざです。
こうした水虫に対してケトコナゾールを毎日直接塗るようにすると、白癬菌が有効成分のはたらきによって増殖できなくなり、やがて皮膚も正常な状態に戻ります。ただし、白癬菌はひじょうにしぶとい性質があるため、根気強くケトコナゾールのような抗真菌薬を塗って快癒を待つというのが前提となります。
また、患部を白癬菌が好むような高温多湿の状態にせず、できるだけ清潔を保つという、ふだんからの生活上の心がけも、こうした水虫を治療する上では重要となってきます。
なお、抗真菌薬には内服するタイプのものもありますので、併用する場合は医師の指示にしたがって正しく用量を守って服用するようにします。

■ヘルペスなどのウイルスにはバルトレックス
バルトレックスでウイルス完全撃破
■おすすめ通販サイト
一人で性病を治すためにケトコナゾールが有効
■あらゆる性行為で感染する
梅毒治療薬