ケトコナゾールや性病の感染を知り日本性感染症を知る

日本性感染症の学会では患者数の報告などが行われていますが、性器クラミジア感染が最も多く、淋菌感染やカンジダ菌さらにはHIV感染者も増加傾向にあり、特に若い年齢の人たちへの感染が増えているため注意を促しています。カンジダ等の性病の感染は不特定多数の人と性交渉を行うことで危険が増しますし、パートナー同士であっても感染していることを知らずにいる場合も多いため、互いに清潔にしたりコンドームの使用などで極力感染を防いだり、陰部のかゆみなどがあるときには病院でカウンセリングや検査を受けて、必要に応じて薬による治療を受けるように日本せい感染症の学会などでも推奨されています。

カンジダ菌などの治療薬として、ケトコナゾールが用いられます。抗真菌薬で性病治療薬として様々な外用薬に含まれ、販売が行われています。かゆみなどを引き起こしている原因が真菌以外ですと、ケトコナゾールが入っている薬を用いても効果が薄い場合があるので、検査を受けて処方してもらうのが良い方法です。

シャンプーにケトコナゾールが含まれている製品もあって、頭に真菌が繁殖してしまうとたくさんのフケが出るようになり、抗真菌効果で死滅させ、フケを抑える製品です。AGA治療にも有効性が期待でき、雑菌を増殖させないため頭皮を綺麗に維持しやすく、さらには男性ホルモンを抑制させる成分が含まれていることで、使い続けていけば薄毛への効果が期待できます。

日本せい感染症の現状を知り、性病の感染による体への影響がどのようなものか理解することで正しい知識も備わるので、他人事だとは考えず症状が出ていない人も注意しましょう。完治させないと再発する可能性も高くなって、パートナーにうつし迷惑をかけてしまうことがあります。