大阪の皮膚科で痛みを伴う性病をケトコナゾールで治す

ケトコナゾールはイミダゾール系の抗真菌薬で、白癬菌やカンジダ、癜風菌といった真菌の殺菌が出来るので水虫やカンジダ症、体部白癬(ぜにたむし)、頭部白癬(しらくも)、陰股部白癬(いんきんたむし)などの治療に用いられます。
ケトコナゾールが効く皮膚の疾患の内、水虫は有名ですが、カンジダ症はカンジダ属の真菌が起こす感染症となっており、口や膣、皮膚の表面などで発症することが多い病気です。
カンジダ症が口で起こると鵞口瘡(がこうそう)や塹壕口内炎と呼ばれることもあり、口の内側にクリーム状の白くて痛みのある斑点が出来たり、口の端がひび割れたり、舌が赤くなって痛みを感じるようになり、平滑になるなどの症状があらわれます。
またカンジダ症は爪で起こると赤くなって腫れて痛みを伴いますが、爪の色が白や黄色に変色して剥がれてしまうこともあります。
このように、様々な部位で起こるカンジダ症の原因となっているカンジダは、元々人間の体の中にある常在菌ですが、免疫力が落ちている時などに増殖して感染しやすくなります。
そのため、カンジダ症の予防には免疫力を低下させないことが大切ですが、発症してしまった時には病院を受診し、ケトコナゾールなどの抗真菌薬で治療を行いましょう。
大阪で水虫やカンジダ症などの治療を受けたいなら、皮膚科を受診すると、検査をした上で適切な薬を出してもらえることでしょう。
また、カンジダ症の中でも女性の性器に出来てしまったものなら、大阪の婦人科や産婦人科の受診でも大丈夫です。
それから、ケトコナゾールはケトコナゾールシャンプーという頭皮のフケや脂漏性皮膚炎を防ぐためのシャンプーにも配合されており、育毛や薄毛治療の分野でも使われています。
大阪にはケトコナゾールシャンプーの処方をしてくれる美容クリニックもあるので、フケやかゆみと脱毛の症状に悩んでいる人はそういったクリニックで相談をしてみるのがおすすめです。